tel:027-362-5122

〒370-0069 群馬県高崎市飯塚町253-1

高崎市の呼吸器科・アレルギー科・胃腸科

高崎,呼吸器科【佐藤呼吸器科医院】アレルギー科,咳,COPD,睡眠時無呼吸症候群,在宅酸素療法,人工換気療法,減感作療法

息切れとCOPD

息切れのする病気COPD

最近階段を急いで上がると、息が切れる、動悸がする、痰が絡む。どうも年だなあとお考えのあなた、もしかするとそれは肺の病気かもしれません。布団を片づける時に苦しくなったり、家庭菜園の世話をしたら妙に汗をかいたり、息切れは気がつかないうちにあなたのそばにやって来ています。
息切れを起こす病気はいろいろありますが一番多いのはタバコを長年吸っている方に起こりやすい慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease)略してCOPDと云う病気です。COPDは主に長期間の喫煙習慣により肺組織が傷害されて起こる病気です。肺のどの部分が主に障害されるかによって慢性気管支炎タイプと肺気腫タイプに別れます。慢性気管支炎では主に頻繁に絡む痰としつこい咳が症状になります。一方肺気腫では肺が大きく膨らんでしまい、息が深く吸えないためにさまざまな程度の息切れ症状が出現します。二つの病気を何故一緒にするのかと言うと、実際には殆どの患者さんで両方の病気が混在しているからです。その程度はおのおのの患者さんで異なるのでひとりひとりで症状は異なります。また軽い息切れは本人が気がつかない場合も多いので本人が気がつかないでいる場合も多いのです。

禁煙がCOPD治療の第一歩

COPDは軽症から重症までさまざまな状態が見られますが、いずれの場合も禁煙がまず最初の治療になります。よくタバコの本数を減らしているのだが、と訊かれる方がいますが、喫煙本数を減らしても肺への影響を減らす事はあまりできません。タバコは1本でも充分に有害です。0にしないとCOPDは徐々に進行してしまいます。
では禁煙すればCOPDは治るのでしょうか?それもまた良く訊かれる質問ですがそれは無理です。タバコの毒で壊れてしまった肺は完全に元に戻る事はありません。しかし禁煙する事によって痰の量が減ったり、息切れが改善したりして症状が改善する事は良くあります。禁煙することによって今の症状を改善してあとは運動や薬で上手くコントロールして行く事が可能になるのです。
当院ではタバコを止めたいがなかなか止められない方のために、約10年前から禁煙外来を開設しており、確実に禁煙するためのサポート体制を敷いています。

COPDの薬物療法

病気の治療には薬を使用しますが、普通の病気では飲み薬を主に使います。しかし、COPDの場合は飲み薬だけでなくさまざまなタイプの吸入薬や、貼り薬など特殊な薬を使用する場合があります。多くの場合患者さんはこうしたお薬の使用法が分からずに治療に失敗してしまいます。そこで当院ではあらゆる薬の使用法に習熟した看護師が患者さんにあわせて丁寧に指導を致します。

運動療法

運動療法はCOPDだけでなくさまざまな呼吸器疾患の患者さんに有効な治療法です。しかし実際には多くの患者さんが、息切れの苦しさのため、身体を動かす事を控えてしまい、運動能力が低下して更に息切れが増すといった、悪循環に陥っています。簡単な運動をくり返す事でこう言った事態は結構回避できます。当院では患者さんの日常生活の中で運動を増やすような指導を心がけております。特に息切れが強まって日常生活に支障を来すような患者さんの場合は、連携するリハビリテーション施設で本格的な呼吸リハビリテーションを受けていただく事も可能です。